プラセンタで得られる様々な効果をご紹介してきました!
ここでみなさんが思われるのが安全性ですよね。

 

 

実際飲んでみて、副作用はないのか?
プラセンタ注射をしたら何かあるのか?などなど。

 

 

今回は、プラセンタの安全性と危険性についてご紹介します!

プラセンタの安全性

プラセンタは、みなさんご存知の通り動物の胎盤から抽出される成分です!
サプリで用いられるプラセンタは動物の胎盤から抽出したものを使用しています。

 

 

一方、医療機関で利用されているプラセンタ注射は、人間の胎盤を原料として作られています!
そのため、特定生物由来製品に指定されていてこれは製造工程から販売まで安全対策が取られていることを記しています。

 

 

人間の胎盤から作られているため、万が一の感染症リスクなどに備えてプラセンタ注射を打つ際には同意書が必要です。
また、プラセンタサプリの製造工程では微生物チェック減菌処理などが行われており、品質の安全性が保たれています!

プラセンタの危険性

現在は、馬や牛の胎盤を原料としてサプリメントや化粧水が作られていましたが、一昔前までは牛の胎盤が使用されていました!
しかし、狂牛病(BSE)をきっかけに厚生労働省が「BSEが発生している国の牛や羊など反芻動物の胎盤を原料としないこと

 

 

と、通知し牛などの胎盤を使用しなくなりました。
また、現在では海外のプラセンタなどもたくさん流通していますが、原産国などをチェックしてから購入してください。

 

 

国内製のものでも、品質管理や温度管理がしっかりとされた状態で育てられていたのかなどを必ず調べてください。
成分表などにも細かく記載されていますので必ずチェックを行ってから購入するのをおすすめします。

プラセンタの飲み合わせについて

プラセンタと他の薬の服用などについてですが、特に注意するべき飲み方などはありません
ですが、慢性疾患や治療中の病気があり薬を服用されている方は、薬剤師や医師に相談してから服用を行うようにしてください!

 

 

また、アレルギーなどをお持ちの方も相談してから服用されることをおすすめします。
普段からビタミン剤などを摂取している方は、プラセンタに配合されている成分と重複しているものが多い場合は過剰摂取になってしまいます。

 

 

決められた一定の量以上を摂取することはよくありませんので、重複されている場合はサプリメントを一旦ストップさせるなど工夫してみてください!
安心安全にプラセンタの効果を引き出すためにもぜひやってみてください!

おすすめの記事